ブログトップ
iderow.exblog.jp
Movie(tv):記憶の旅人

原題は「それでもマルハナバチは飛ぶ」だそうです。
マルハナバチは体のわりに羽根が小さすぎ、航空力学上は飛べないはずだが、現実にはぶんぶん飛び回っている。…それはハチ自身が「自分が飛べない」と知らないからだ。
それを応用して不治の病を治そうとする研究が行われていた--という物語です。
ちょっと良い話。

今日では結局航空力学でマルハナバチの飛行を証明するのは不可能だった。という科学の落とし穴的教訓になっているそうですが。
似たようなので、ムカデは自分がどうやって歩いているか考えてしまうと、歩けなくなる。
なんてのもありますね(違
[PR]
by iderow | 2004-09-27 01:07 | ■娯楽物欲